日本山岳ガイド協会が開始した登山の情報サービスサイト「コンパス(Compass)」をさわってみた。が・・・

Pocket

7月にTNFのリリースを見かけて気になっていた日本山岳ガイド協会の「コンパス(Compass)」。ふと思い出したので、少しさわってみた。
(以下、ナイスな応援記事を書く予定が、思いのほかダメ出しが多くなっています。が、まぁ一個人の感想なのであしからず。)

さてさて、サイトを訪れたのだが、情報サイトといっても「山と自然ソーシャルネットワーク「コンパス」で日本全国の登山仲間と交流しよう!」と謳っているので、サービスの種類的にはソーシャルネットワークらしい。

Compass

よくみるとまだβ(ベータ)バージョンということで「Coming Soon」多数。ひとまずサイトの概要や使い方を読んで見ようと思ったが、そういうコンテンツはまだない。(というか、そういうページができるのかどうか分からないが・・・)

仕方がないので、日本山岳ガイド協会のサイトに飛んでリリース情報でも見てみようと思ったが、こちらも特にコンパスに関する記載はどこにも見当たらない(2013/07/31現在)。まじか。このあたりで、このサービスやる気があるのかないのかわからなくなってきたわけだがw、こういったサイトへの取り組み&流れはよいと思うので、ぜひとも応援したい。ということでもうちょっと頑張ることにwww。

それにしてもまずい。盛り上げようと思ったが、Disるしかないパターンになりそうだ。まぁでも、まだベータ版だからね・・・。ということで、TNFのプレスリリースが一番内容が濃いようなので一旦熟読。

ほぉ、いろいろと機能が増えてきそうだということで、ちょっと明るい未来が見えてきた。

大きなウリの一つは、シュミレータを使って登山計画をたてることができて、それがそのまま登山届のフォーマットにおちて、オンラインで届出が出きるという仕組み。そして、下山通知がない場合、関係機関に通知が行き、素早い捜索・救助が可能になるってフローが確立されるようだ。

シュミレータはもう使えるようになっていて、これはけっこうしっかりしてる印象。おぉ、なかなか!といった感じ。

例えば、「2013/8/16(金)〜2013/8/18(日)の日程で、猿倉から白馬三山をテン泊でラウンドトリップしてくるぜ!!前泊で猿倉集合な!」的なケースをシミュレーションすると、こんな感じで地図上にあるポイントをクリックしていき、ルートができあがる。

Compass 01

これが登山届けのフォーマットにおとされる。

Compass 02

ううむ、時間とかも全部いれないと怒られる。まぁそりゃそうかと思いながらも、簡易的な紙の登山届と比べるとちょっとハードルが高いと感じる人もいるかもしれないなと・・・。使い勝手はまだイマイチ・・・という部分もあるが、まぁ何度もいうけどベータ版だからね。

この他にもガイドのページをはじめ、さまざまな登山情報が収集できるみたいなので、今後コンテンツがどんどんリリースされれば、それなりによさげなサイトにはなりそうだ。ということでそれなりに楽しみではある。

が、オンラインの登山届けの一連の仕組みは、どこまでまともに稼働するのか、現状ではなんともいえない印象。でも期待したいところ。この辺の情報は早急にサイトに掲載してほしいところ。語尾が「ところ。」だらけだね。

ちなみに、ソーシャルネットワークということで、もちろん会員登録の機能がある。というか、もちろん登録しないと登山届けやらなにやら使えない。

で、登録してみたが、最初の登録では最低限の情報のみでよいが、実際に登山届けを出すフェーズまでくると、住所やらなにやら、それなりに細かい個人情報を登録する必要がでてくる。まぁ登山届に紐づく情報なんだろうから、この辺は理解できる。当たり前っちゃあたり前か。

しかーし、ここで(個人的に)問題&疑問発生。登録した情報のうち、公開されないもの、もしくは自分で公開/非公開を選べるものがあるのだが、例えばこんな感じ。

Compass 03

でですよ、性別や名前などは有無をいわさず公開されるみたいなのです。まぁ性別はまだしも、名前はニックネームなどの項目がないので、自分の名前をいれるしかない。登山届けを使わない人はダミーでもいいけど、そうでない人は本名入れるしかない。なにせ登山届に紐づく情報だから、ちゃんと姓名入れないとね。

でもってこの名前は強制的に公開されるわけなので、結果、このサイトでオンラインの登山届を使うひとは「実名」ソーシャルネットワークに参加することに等しいんじゃないのかと。まじか、この仕様はどうなんでしょ!?

実名が悪いとはいってませんけど、ちょっとね、サイトの目的と用途を考えると、なんか違くね!?って感じがしちゃいます。

しかも公開範囲とかもいまのところないので、例えば、ログアウトした状態で「友達を検索」をすると、・・・、例えば「山」で検索すると「山口」さんとかね、いろいろヒットします。

Compass 04

まぁ気にしない人はいいと思いますけどね、でも昨今のプライバシー云々の問題を踏まえると、これはちょっとナシなんじゃないかと個人的には思います。ベータ版とはいえど。便利なのでオンラインで登山届出したいってだけなのに、結果、実名が公開されるという・・・。この辺は切り分けろよ的な!?

例えば、SNSとしてネット上で交流するためのニックネーム欄を別途準備するとか、登山届を提出する際に、提出者の情報を別途書き込める欄を作るとか、まぁとにかく改善が必要なんじゃないかと思います。完全に主観ですが。

ちなみに、登山届提出の一連の流れで、「送信」というボタンが出てくるところまで進みましたが(この先はどうなるか定かでないので、送信ボタンは押してません)、この過程で自分の名前を別途記載するようなところはなかったので、多分、届出を出した人の情報として、登録情報がそのまま使われるのだと思われます。なにか違う仕組みなのかもしれませんが、自分が見たところどこにも説明がないので、いまわかる情報から「想定」すると、上記のようなことになると思っております、はい。

ということで、このコンパスのオンライン登山届のサービスを現状のまま利用する人は、念のため、実名SNSしてるという認識を持って利用したほうがいいと思います。こんなこと言っちゃっていいのか!?いいんじゃないですかね。

コンパスを使用されている方で、上記内容に対して「違う!」という部分があれば、ぜひ!ぜひ!!ご指摘いただきたいと思います。なにせ謎が多すぎです。

まぁまだベータ版ですので、今後良くなっていくことを願っております。ほんと、応援してるんだから、おいらは。

あ、それはそうと、利用規約とかも一応目を通してますが、このブログ内容、特に規約に引っかかる内容はない、はず、だけ、ど・・・。

,