Teton Bros.の2013春夏モノを見てきたよ!

Pocket

さてさて、Weblogをメインとしている当ブログにしては非常に珍しい、実際に行ってきたよシリーズ!

去年もお邪魔させてもらったTeton Bros.さんの春夏モノの展示会ですが、今年も2013年モノをチェックしに潜入してきましたよ。(とはいっても、実際に伺ったのは9月w。いろいろあって今まで手を付けられずにいました。^^;)

世間はウィンターシーズンに突入してしまったので、正直このタイミングでというのは微妙なわけですが、まぁいいじゃないですか。今、この瞬間だけは、来年の夏山にでも思いを馳せましょうぜ!

ということでファーストインプレッション。まずは去年に比べるとガッツリとライナップが増えていてビックリ。素材に関しても、NeoShellを使用した3種類のシェルをはじめ、インサレーションからミッドレイヤー、ベースレイヤーまでどれもPolartecの上質な素材が使われていました。カラーリングも流石といったところ。

そして、なんというか、レディースものがカッコよくね!?という印象をうけましたね。いや、なんかいいですよ、ほんとに。

ありがちな山ガールファッションとか、定番の本格派ファッションにはない、硬派なんだけどオシャレで機能的、なにより人とかぶらないレアな感じ・・・とでもいいましょうかね。

ということで、クダリはこの辺にして、気になったモデルなんかを、ザッと写真で紹介していきたいと思います。

Shell(シェル)

まず最初に、外せないところとして、Polartec NeoShellを使ったシェルです。全3種類。

こちらは「Guide Jacket」。その名の通りガイドの為に開発したジャケットで、メンズとレディースがあります。
R0016235

一言でNeoShellといっても生地の厚さなど様々な種類がありますからね。「Guide Jacket」はわりと厚めの生地。肩や腰回りは補強してあります。

続いて、よりベーシックな「Sundance Jacket」。

R0016225

脇寄りにある眺めのジップは、ベンチレーションも兼ねたポケット。これを着てザックを背負いましたが、各ハーネスとの干渉はほとんどなかった印象です。

3つ目は「Rain Blow Jacket」。写真の手前2つですね。

R0016227

かなり薄手?な印象で、軽いトレッキングやアクティビティに適してそうです。「Sundance Jacket」と「Rain Blow Jacket」はどちらもユニセックス。

Soft Shell(ソフトシェル)

続いてはソフトシェル。個人的にもソフトシェルは大好きなんですが、このラインがけっこうグッときましたね。冒頭で話をしたのもこのソフトシェルたち。

ジャケットは、「Cody Softshell Jacket」と、そのフード付きの「Cody Softshell Hoody」の2種類。メンズとレディースがあります。

R0016231

手前がフード付きなわけですが、なんといってもこの色がよかったです。「Deep Lake」というカラー名ですが、これは男子より女子がめちゃくちゃ似合うと思いますよ!

しかもこのCody、もちろんパンツはありますが、ショートパンツもあります。もちろんソフトシェル。

R0016242

カラーは、手前から「Deep Lake」「Graphite」「Coffee」「Black」。

ここで完全に個人的な趣味!?の話をすると、わたくし、山スカートとかはあまり好きじゃなく、逆にショートパンツとかには萌えってしてしまう方なので、このショーパンとジャケットの組み合わせは最高にハァハァしてくる感じです!上下どちらかは「Deep Lake」がイイネ!

ちなみに、現地にいたモデルさん!?に着てもらったんですが、こんな感じ。(クッ、下はショーパンじゃなく、通常のCodyパンツなのが残念!!なんつって。)

R0016221

R0016223

R0016224

ちなみに、Teton Bros.さん、ソフトシェルでこんなのも作ってましたよ。はい、なんと水遊び用のショーツです。

R0016241

ラフトにカヤックに、そしてサーフィンもOKという、その名も「White Water Short」。ペナペナの薄手のショーツと違って少し厚みがあるし、ソフトシェルなので裏地は起毛もしています。これはぜひどんな感じが使ってみたいです!

その他もろもろ

Primaloft(プリマロフト)をメインに、部分的にPolartec Power Stretch(パワーストレッチ)を採用したインサレーションは、ジャケットタイプとそのフード付き、そしてベストと、多彩にライナップされていました。

もちろん、フリースのミッドレイヤーも各種ありましたよ。定番のフリースたちは、カラーバリエーションが多いのも印象的でした。カラーリングは相変わらずナイスですね。

R0016233

他にもベースレイヤーやトレッキングパンツ、街着にも使えるチェックのコットンシャツなど、まぁ色々ありました。おっとそうだ、小物アイテムもありました。ダーミザックスを使用したハットやスタッフバックも作った(作っちゃった!?)みたいです。

R0016236

はい、ということで駆け足でレポしましたけど、いかがでしたか!?
これからウィンターシーズン真っ盛りな季節に突入しますが、来春のことも頭にある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ちゃおっ :D

, , , , , ,