今日は「世界水の日」なので関連して何か書くよ

Pocket

なんというお題でしょう、この強引さ。

はい、ということで今日は「世界水の日」だそうですよ。数日前に知ったんですけどね。

World Water Day 2012

World Water Day 2012  Water and Food Security  22nd March 2012

世界水の日は、1992年のブラジルのリオ・デ・ジャネイロ市で開催された地球サミット(環境と開発に関する国際連合会議)のアジェンダ21で提案され、1993年、国際連合総会で3月22日を「世界水の日」(World Day for Water、もしくはWorld Water Day)とするとの決議によって定められた。via wikipedia

ネット界隈をみてもあまり取り上げられてないマニアックな「日」ですが、生命にとって水はとても重要なものですからね。アウトドア界隈で水に関してアクションを起こしているプロジェクトなど、いくつかピックアップしてみようかと。

パタゴニア – アワ・コモン・ウォーターズ(Our Common Waters)

本年度のパタゴニアの環境キャンペーン「アワ・コモン・ウォーターズ(共有の水)」は、人類と動植物が必要とする水の、共有のバランスの重要性について考察します。

パタゴニアさんの活動については賛否両論でるのが常ですが、読み物としてしては色々ためになる内容かと思います。日本はパタゴニアユーザが多いですから、アウトドアマンであれば自分が着ているブランドの取組みぐらいは把握しといてもいいんじゃないですかね。

Teva 世界水の日チャレンジ

Tevaでは、今年で19回目を迎える3月22日の「World Water Day(世界水の日)」から、日常生活における節水を呼びかける「Teva 世界水の日チャレンジ」を実施します。

例えばシャワー、洗濯を控える、そして水を使用しない料理をする、という1日を過ごし、参加者が普段とは違う特別な経験をすることで、水に対する意識向上につなげるというものです。

テバさん、ナイスタイミングですね。ちなみにこんなインフォグラフィックが掲載されていましたよ。ちょっと長いですが以下に。

Infographic jp all

サーフライダー・ファウンデーション・ジャパン(Surfrider Foundation Japan)

サーフライダー・ファウンデーション(Surfrider Foundation)は、サーファーやボディボーダーの視点から海辺の環境保護活動を行なっている団体です。
1984年にアメリカで発足し、現在アメリカでは5万人以上のメンバーが登録しており、日本・オーストラリア・ヨーロッパ・ブラジル、その他中南米にそれぞれ現地団体が発足しています。
日本ではサーフライダー・ファウンデーション・ジャパン(S.F.J)として1993年に発足、以来日本のサーフポイントおよび海辺の環境を守ることを目的に幅広く活動しています。

水といえばやはり海は忘れていけないですね。震災と原発、そして放射能汚染により、海を活動の場としていた方々は大きな痛手を受けています。

モンベル 自然保護活動

モンベルさんは自然保護活動の一貫として、「海洋緑化協会」を通じた支援を行ってるようですね。

コンサベーション・アライアンス・ジャパン(Conservation Alliance Japan)

ワールドワイドに展開するアウトドア自然保護基金です。本国のサイトはこちら。運営団体にはアウトドアスポーツ関連企業が名を連ねます。河川はもちろん、自然環境を保護している団体に活動資金を援助しています。こちらに過去の支援団体が掲載されています。

各企業がビジネスで得た利益の一部を自然保護に還元しているということですから、私達が支払った代金の一部が利用されているといってもいいんじゃないでしょうか。

それにしてもこういうのってあまり知らないですよね。例えば保護活動に反対する人たちが、その保護活動を支援しているブランドのジャケットを着ているケースとかあるんじゃないかと思いますよ。まぁ普通はそこまで考えて購入することはないと思いますけど、日本のマーケットでは良くも悪くも素通りされすぎ・・・といった気がしないでもないです。まぁなんとなくですよ、なんとなく。ブツブツ。

その他リンク

こんな記事がありましたよ。

韓国の1人当たり水使用量は英国の2倍 via 中央日報

1人当たり家庭用水道水使用量は1日275リットルで、ドイツの151リットル、英国の139リットルをはるかに上回る。水道料金が安いことが大きい。

ほう、そうですか。使ってるねーと思いましたが日本はどうなんでしょうね。ちなみに東京水道局のサイトには、

家庭で一人が1日に使う水の量は、昭和62年には220リットルだったのが、平成19年には239リットルと増えています。

なんて記載があります。まぁ調査内容が明らかではないのでこれらを比べても無意味ですけど、参考まで。

さて、とりあえずはこんなところにしておきましょうか。ここまで読んでくれたみなさんはせっかくですからね、今日は水の大切さについてちょっぴり考えてみてはいかがでしょうか!

なにこれいやだ、こんな真面目な締め・・・。

, , , , , , ,